【元子供会会長】きょうい君の教育ブログ!

中1と小5の娘の教育に悪戦苦闘するパパが自由気ままに書き連ねます!

【学力向上の方程式!】至ってシンプル!

f:id:kyooikun:20191112072015j:plain

 

どうすれば我が子の学力が上がるか?

 

世の親御さんの多くが

 

頭を悩ませていると思います。

 

自慢ではなく参考までに書きますが、

 

私は地区No.2の高校から国立大学の

 

金沢大学へ進学し、大学院を修了しています。

 

だから経験者なので言えるんですが、

 

学力向上の方程式は至ってシンプルです!

 

学力向上の方程式!

 

学力向上度=ヤル気✕学習方法 です。

 

考え方としては何も難しくありません。

 

適切な学習方法を継続するだけ。

 

適切な学習方法にはまた今度触れるとして、

 

いかに勉強を継続するか が厄介な問題です。

 

勉強を継続するには、当然 ヤル気 が必要です。


いかに我が子をヤル気にさせるか???

 

皆さんなら、どういう状況ならヤル気になりますか?

 

そう、やった場合のメリットと、

 

やらなかった場合のデメリットが

 

ハッキリ分かっている時です。

 

これをどう伝えるか?

 

 

 


そこで私が考えたのが、

 

以前の記事に書いた、

 

なぜ勉強が必要かの4つの理由です。

 

振り返ってみましょう。

 

①収入のため


②出会いのため


③努力と工夫の経験のため


④教養のため

 

でした。

 

学力を上げていい高校に行って

 

いい大学に行ったら、

 

この4つが手に入る可能性がグンと高くなる。

 

もちろん例外はあるが可能性は高い方が良い。

 

では、逆に勉強をしなかった場合を考えてみましょう。

 

①お金に困る


②ろくな恋愛ができない


③頑張ることも頭を使うこともできずに大人になる


④物を知らずに恥ずかしい思いをし、会話の内容もスカスカ

 

以下のことを、親の愛情満載で、

 

恥ずかしがらずに、子供の目をじっと見て、

 

本気で熱く語るんです!

 

いかに子供に伝えるか?!

 

特に、我が子とのコミュニケーションが

 

少ないパパほど効果が高いです。

 

普段とのギャップがあるから。

 

この熱量がポイントです。ここでもう1つの方程式。

 

伝わる度=真実性✕熱量

 

親の本気は子に伝わります。

 

親の演技は子にバレます。

 

心の底からめいいっぱい、我が子に伝えましょう!

 

「本気」が最大のポイントです。

 

 

f:id:kyooikun:20191112073452j:plain

 

若いうちの何年かを我慢するかしないかで、

 

将来はとんでもなく変わってしまう。

 

もちろん、全員が例外なくこの通りになるとは言わない。

 

ただ、こうなる可能性が高いのは厳然たる真実。

 

今頑張れない人は一生頑張れない。

 

親は子供に幸せになってほしい。

 

苦労をしてほしくない。

 

この数年の努力は、

 

就職や恋愛、友人関係、結婚、

 

そして家庭を持ってからなどあらゆるところで実を結ぶ。

 

10代のうちにこの努力をしておくかどうかは、

 

ものすごく大事。

 

この数年楽して大変な何十年を取るか、

 

数年我慢して豊かな何十年を取るか、

 

どう考える?、と。

 

これを繰り返すんです。

 

1回じゃ伝わりません。

 

あきらめたらそこで試合終了です。

 

間を開けて、何回も熱く伝えるんです。

 

子供が呆れるくらい。

 

中途半端で終わっては効果はありません。

 

多くの人が、途中であきらめてしまいます。

 

それじゃあ、子供は変わりませんよ、

 

親があきらめてるんだから。

 

f:id:kyooikun:20191112072715j:plain

 

徹底するんです。

 

徹底すれば、「親はウザいけど、

 

自分のことを本気で考えてくれている」と感じます。

 

そしたら勝ちです!

 

少しずつ変わってくれます。


私はそう信じて、うちの子に実践していきます。

 

時間はかかるだろうけど、

 

うちの子の変化をこのブログで公開していきますね!