【元子供会会長】きょうい君の教育ブログ!

中1と小5の娘の教育に悪戦苦闘するパパが自由気ままに書き連ねます!

【子供の将来のために親は何ができる?!】きょうい君の5つのポイント!①

f:id:kyooikun:20191028231623j:plain

我が子には、豊かな生活を送ってほしい!

今回は、「子供が豊かに生きていくためには、親は何をすればいいのか?!」でお送りします。

 

子供に対する親の願いはただ一つ、「豊かな生活を送ってほしい」ということだと思います。

 

もちらん「豊か」の定義は人によって様々ですが、特別な苦労がなく、健康でイキイキと笑顔で暮らしてほしいものです。

 

物事には必ず目的があります。

 

目的があって、手段がある。

 

そしてその手段を実行する訳です。

 

休憩にだって、休むという目的があります。

 

では、子育てや教育の目的は何でしょうか?

 

上記の「我が子が豊かな生活を送れるようになること」でしょう。

 

では、子供が豊かに生活できるようになるために、我々親には何ができるでしょうか?

 

 

 

究極の難問ですね。

 

しかし私は親として、自分なりの方針を持っていたいと思っています。

 

私は以下のような受験のブログも細々運営していて、そちらでも触れている内容に近いのですが、私の考えはこうです。

 

gakuryokusuii.hatenablog.jp

 

--------------------------------------------------

 

①身体的・精神的健康


②経済的収入


③パートナー・恋人


④努力・工夫の経験


⑤教養

 

--------------------------------------------------

 

人が豊かに生きるためには以上の5項目が必要であり、親はこの5項目を子供に与えられるよう、精いっぱいの努力をするのが良いのではないか、と考えています。

 

私の考えを、1つずつ説明します。

 

って言ってもかなり長いので、今回は項目ごとに3部構成でいきます!

 

--------------------------------------------------

 

①身体的・精神的健康

 

「健康第一」とはよく言ったものです。

 

f:id:kyooikun:20191028232257j:plain

子供は外で体を動かして遊ぶのが一番!

身体的にも精神的にも健康でないと、どんなに優れた能力を持っている人物でも、その能力を十分には発揮できないし、豊かには暮らせません。

 

健康は何も体の事だけではありません。

 

--------------------------------------------------

 

心もです。

 

実は、私は10年以上、うつ病と付き合っています。

 

このブログを読んでいる私に近しい関係の方は、ごめんなさい、内密にお願いします。

 

このブログはバカみたいに正直に書く、と決めているので、カミングアウトします。

 

うつ病には波があり、調子の良い時と悪い時があります。

 

調子が悪い時は本当に辛くて、最悪の時は死にたくなります。

 

すべてを投げ出してこの世から消えたくなります。

 

もちろんこんな状態では豊かに生活できません。

 

まずは体と心、両方の健康が必要です。

 

--------------------------------------------------

 

そのために親は何ができるか?

 

身体の健康に対しては、食生活と運動でしょう。

 

食は体を作ります。

 

だって、食べた物が体の原料なんですから。

 

できるだけ食品添加物を避け、ママの手作り料理を食べさせてあげたいものです。

 

コンビニ弁当ばかり食べている子が健康に育つでしょうか?

 

f:id:kyooikun:20191028232906j:plain

たまには良いと思いますよ。「たまには」です!

--------------------------------------------------

 

運動も大事です。

 

正しい姿勢を維持するには、ある程度の筋肉も必要です。

 

筋力があると体も疲れにくいです。

 

小さい頃から、親が一緒に遊んで体を動かすことで、自然と外で元気に遊ぶ習慣がつくのではないでしょうか。

 

そして運動好きになることにつながるのでは?

 

--------------------------------------------------

 

精神的な健康については、子供の変化に敏感になることが重要だと思います。

 

限界をはるかに超えたストレスを受けると、人間は私のようにうつ病を発症します。

 

もうこれ以上のストレスには耐えられないという体の悲鳴がうつ病だからです。

 

なので、過剰なストレスを受けないよう、子供の生活を見守る必要があると思います。

 

普段と違った様子が見られたら、「どうした?」・「何かあった?」・「何でも相談にのるよ」などの声かけが大切です。

 

私はたまに子供に、「何か困ったことがあったら教えてね」と言っています。

 

子供が親に相談してくれる関係を構築するためには、小さいうちからたくさんコミュニケーションを取っておくことでしょう。


ただ、当然ながら過保護はいけません。

 

子供の成長の芽をつぶします。決して甘やかさず、一方では度を越えたストレスから守る、というバランスが必要です。

 

そのバランスの線引きの判断は、長年経験を積んできた親に託されています。

 

そこは親が頑張りましょう!

 

次回は、「②経済的収入」についてです!