【元子供会会長】きょうい君の教育ブログ!

中1と小5の娘の教育に悪戦苦闘するパパが自由気ままに書き連ねます!

【娘よ、大いに戦え!】戦ってこそ美しい!

 

f:id:kyooikun:20191114122228j:plain

 

今回は、「競争するから成長できる、

 

戦うからこそ美しい!」をお送りします!

 

前回、パパの学歴以上になれば

 

同年代の上位2%になれる、と娘に話そうと思う、

 

などと偉そうなことを書きました。

 

以下の記事です。

 

www.kyouikun.com

 

これまで娘達には、

 

「みんな仲良く」と教えてきました。

 

しかし中学に入ると、

 

定期テストで学年順位がつけられ、

 

部活でも順位が決まります。

 

うちの中1長女は陸上部で

 

100m走のタイムを取っています。

 

タイムで優劣が決定する訳です。

 

今までは仲良く、だったのが、

 

急に競争の世界に入ってきました。

 

なので、これからは競争をしていくんだ、

 

ということも話そうと思っています。

 

 

 

「競争」と聞くと、ネガティブイメージが付き物です。

 

「個性を伸ばそう」とよく言われます。

 

私はこう思います。

 

「個性」とは、本気で戦った結果の

 

勝者と敗者の違いである、と。

 

くわしくは以下の記事で書いています。

 

www.kyouikun.com

 

今まで仲良しだった友達と、

 

これからは競争しなきゃならない。

 

残酷なように聞こえるけど、

 

これはお互いのため。

 

だって、競争しない、ということは、

 

現状維持が続くだけ。

 

お互いに競い合えば、お互いに高め合える。

 

だから、競争することは

 

悪いことでもなんでもなく、

 

むしろ良いことだ。

 

ただ、相手の足を引っ張るのは卑怯だ。

 

相手を蹴落とすのではなく、

 

自分の能力を高めるために最善の努力をする。

 

お互いに高め合う。

 

仕事だってそう。

 

競合会社どうしが競争するから、

 

製品やサービスを高め合って、その結果、

 

より良い製品やサービスで

 

お客さんが満足することができる。

 

人の命が永遠だったらどうなるか?

 

人生腐敗するね。

 

このことは以下の記事で書きました。

 

www.kyouikun.com

 

だから、勝つべく努力して、

 

遠慮なく大いに戦って、勝ったら喜び、

 

さらなる高みを目指し、負けたら大いに悔しがり、

 

反省し、改善し、次は勝てるように努力をしてほしい。

 

こんな風に伝えようと思っています。

 

以下の勉強する意味の4つのポイントと同じで、

 

1回言っただけでは伝わらないので、

 

根気よく何回も伝え続けようと思います。

 

www.kyouikun.com

 

何かの参考になれば嬉しいです。