【元子供会会長】きょうい君の教育ブログ!

中1と小5の娘の教育に悪戦苦闘するパパが自由気ままに書き連ねます!

【子供の幸福な将来のために】身に付けさせたい8つの習慣・考え方・スキル

f:id:kyooikun:20200314203615j:plain


今回は、「幸福になるための8つの要因!」をお送りします。

 

「我が子を幸せにしたい!」、これはすべての親の希望です。

 

「幸せ」、「幸福」って、ものすごく曖昧な言葉ですね。

 

目標は具体的な方が達成しやすいです。

 

そこで、幸福になるためには何が必要と考えられるか、項目をリストアップしてみました。

 

かみさんと2人の娘のアイデアも借りた結果、幸福になるための要因が36個挙がりました。

 

 

 

この36項目をじっと見つめていると、いくつかのグループに分類できることが分かりました。

 

分類しようのないものもありました。

 

8つの要因とは、以下のようなものです。

 

f:id:kyooikun:20200314165420p:plain

 

見てみて、どう思いましたか???

 

まず、三角形の1段目に、幸福の大前提として、体も心も健康であり、そして性格がマジメであること、の2項目があります。

 

これが幸福のためには最低限必要な物だと思います。

 

そのうえで、人生に対する考え方が三角形の2段目の3項目です。

 

さらにその上の高次元なスキル・習慣として、3段目の3項目があります。

 

きょうい君の考えを説明していきます。

 

内容が内容なだけに、今回は長文です。

 

ご覚悟を!

 

f:id:kyooikun:20200314231503j:plain

 

1段目   

 

心身の健康

 

どんなに身体能力が高い人でも、どんなに優しい人でも、どんなに頭脳明晰な人でも、心と体が健康でなかったら、その能力を発揮できませんよね。

 

そもそも、心と体が健康でなかったら、物事を楽しむこともできません。

 

イライラしながら映画を楽しむことができるでしょうか?

 

歯の痛みに耐えながら遊園地を楽しむことができるでしょうか?

 

健康はすべての大前提です。

 

マジメさ 

 

あいさつをする、約束を守る、ありがたい時は感謝を伝える、迷惑をかけたら謝る。

 

これって、できなかったら嫌われますよね。

 

人間、一人では生きていきません。

 

人との関わりがないと、幸福は感じられません。

 

人間関係の根幹は、この「マジメさ」にもとづいていると思うんです。

 

あまりにもマジメさに欠ける人とは付き合いたくありませんよね。

 

だから、幸福になるための大前提として、体も心も健康であり、そして性格がマジメであること、の2項目を挙げています。

 

f:id:kyooikun:20200314231601j:plain


 

2段目   

 

2段目は、人生に対する考え方です。

 

小さいうちからこの3つは知っておいてほしい内容です。

 

人生は楽しいと知る

 

生きていると、様々な困難がありますよね。

 

何もかもが嫌になってしまうこともありますよね。

 

でも、「人生楽ありゃ苦もあるさ♪」のように、苦労もあるけど楽しいこともあります。

 

トータルすれば、「人生は楽しいんだ!」と知っていてほしい。

 

嫌なこと、辛いことがあっても、「必ず楽しいことがこれから起きる!」と信じ続けることができる人になってほしいです。

 

そう信じられる人でないと、困難に負けてしまったり、人に優しくできないと思うんですよね。

 

人生は楽しいと「信じる」というよりは、「知る」の方が適しているかもしれません。

 

人生は楽しいものだ、ということに迷いがなく、知識として頭に定着しているイメージです。

 

 

 

自分には価値があると知る

 

何でも得意な人は存在しません。

 

何でも苦手な人も存在しません。

 

得意なこと、苦手なことは、人によってバラバラです。

 

人はみんな違っています。

 

「みんなちがってみんないい」

 

金子みすずさんの有名な詩です。

 

きょうい君の座右の銘です。

 

以前に以下で取り上げました。

 

 

www.kyouikun.com

 

誰でも得意なことはあります。

 

早いうちにそれに気付けた人はラッキーです。

 

得意なこと、好きなことで人の役に立てるのだから。

 

早いうちに自分の得意なことに気付けるように、できるだけ若いうちから様々な経験をするのが良いでしょう。

 

自分はこれが好き!、と思えるものがあるなら、とことんそれをやってみることです。

 

とことんそれに没頭できるよう、親は環境を与えてあげるのが良いでしょう。

 

それを磨き上げ、それをすることで人の役に立ちましょう。

 

得意なことをすることで、人の役に立てるというのは、素晴らしいことです。

 

なので、すべての人には生きる価値がある。

 

いずれ得意なものを見つけ、それを極め、人の役に立つという価値を提供できるんだから、自分には生きる価値があることを知ってほしい。

 

f:id:kyooikun:20200314231653j:plain

 

苦労があるから幸せがあると知る

 

人間には、良い意味でも悪い意味でも、「慣れ」というものが備わっています。

 

何も不安がなく、生活がうまく行っているとき、人は幸福を感じるでしょう。

 

しかし、そのままだと、その幸福に慣れてしまい、その幸福はもはや幸福ではなくなり、幸福度はだんだんと下がってくるでしょう。

 

そして、世の中はうまくできていて、良いことばかりは起きません。

 

どうしても悪いことも起きますよね。

 

そう、この、悪いことも起きるからこそ、幸福を感じられるのです。

 

幸福度が下がるような悪いことが起きた後に、嬉しいことが起きるから、それを「嬉しい」と感じるのです。

 

嬉しいことばかりが起きていたら、それに慣れてしまい、幸福を感じないでしょう。

 

上がり続けていたら、上がっていることにすら気付かなくなってしまう。

 

下がることがあるからこそ、上がった時の幸福を感じることができる。

 

サッカーの本田圭佑選手はこう言いました。

 

「谷はどんなに深くてもいいんです。谷が深ければ深いほど、その後高い山に登ることができる、っていう哲学を僕は持っているんです」

 

先に挙げた「人生は楽しいと知る」にも通じますが、どんなに辛い目にあっても、それに耐えて克服した後の高い山から見える美しい景色を想像し、前を向いて進んで行ける人になってほしい。

 

深い谷に落とされても、その谷があるからこそ、山に登ることができると知ってほしいです。

 

この3つの考え方を知っておけば、多少の困難に負けることなく、自分で未来を切り開いていけるのではないかと考えています。

 

 

 

3段目   

 

コミュニケーションスキル

 

説明するまでもないでしょう。

 

相手の考えを正確に理解し、自分の考えを正確に伝えられるスキル。

 

友達付き合いでも、仕事でも必要なことです。

 

何も討論で相手を打ち負かすような高度な能力を必要としている訳ではありません。

 

相手の考えを正確に理解し、自分の考えを正確に伝えられるスキル、シンプルです。

 

そのためには、たくさんの人と、たくさんおしゃべりすることでしょうね。

 

やり抜く心

 

簡単にはあきらめず、最後までやり抜く心です。

 

以前の以下の記事で書きました。

 

www.kyouikun.com

 

世界の様々な成功者に共通するポイントとして、「やり抜く力」(グリット)が注目されています。

 

「やり抜く」と簡単に一言で言っても、様々な能力が必要です。

 

努力・工夫・継続・モチベーション維持・などなど。。。

 

それら能力の結集が「やり抜く心」なのでしょう。

 

読書

 

いろいろ考えた結果、この読書が最も高次元な習慣ではないかと考えました。

 

とりあえず、林修先生の以下の持論をご覧ください。

 

林先生は、本を読まない奴は大嫌い、だそうです。

 


タモリ 香取慎吾 指原莉乃他 本を読まないやつは大嫌い!?林修先生が教える「読書の魅力」!! .

 

それから、以前の記事でも本を読むことの重要性を書きました。

 

www.kyouikun.com

 

そうなんです、本というのは、他人の人生や経験を少しのお金で疑似体験できる、貴重な物なんです。

 

ひと一人が考えられること、経験できること、創造できることなんて、たかが知れています。

 

先人たちの知恵や経験を、大いに参考させてもらえば良いんです。

 

もちろん、実体験が一番貴重ですが、実体験できる機会も時間も限られています。

 

そこで、本という情報の宝庫の力を借りるわけです。

 

つまり、本を読まないということは、自分の経験値を低くしてしまう、ということです。

 

逆に、本を読めば、普段自分だけでは経験できないことを広く疑似体験でき、経験値を上げることができる訳です。

 

まとめ   

 

今回挙げた8項目が、現在考えている、幸福に最も必要なポイントです。

 

 もう一度、三角形を見てみましょう。

 

f:id:kyooikun:20200314165420p:plain

 

まずは健康とマジメさですね。

 

そのうえで、人生に対する前向きな考え方を頭に定着させる。

 

最後に、コミュニケーションスキル・やり抜く心・読書、という、能力・習慣です。

 

少しでも、お子さんの子育ての参考になれば幸いです。

 

きょうい君でした!、バイバイ!!!