【元子供会会長】きょうい君の教育ブログ!

中1と小5の娘の教育に悪戦苦闘するパパが自由気ままに書き連ねます!

【楽しかった子供会運営!】いつかまた!

f:id:kyooikun:20191031230355j:plain

やってみると、最高に楽しい!

 

今回は、「いつかまたやりたいぜ、子供会の運営!」でお送りします。

 

私は今年の3月まで、地元自治会の子供会の会長を7年やっていました。

 

その間、色々な活動をしました。

 

一番最初のイベントは、ロッテの工場見学と、ごみ処理場の見学、それから公民館でのママの家事を考えるセミナーの3本立てでした。

 

ロッテの工場見学では、コアラのマーチの作り方の実演を見たり、高速で動くガムの生産ラインを見たり、作り立てのチョコパイを食べさせてもらったりと、子供心をくすぐる充実した内容でした。

 

f:id:kyooikun:20191031230706j:plain

やっぱりお菓子は子供にうける!

 

ごみ処理場では、学校のプールよりも大きく深い穴に、市から集めたごみが放り込まれていて、圧巻でした。

 

ママの家事を考えるセミナーでは、ママの家事はいかに大変で、それでもお給料はもらえず、家族のために毎日頑張っているんだよ、ということを私が伝えました。

 

 

 

私は、我が子が生まれた辺りから、子供に非常に興味を持つようになりました。

 

そして子育てをするうちに、教育というものの重要性に気づきました。

 

今住んでいる地域に引っ越してきて、誘われるままに自治会に加入しました。

 

聞くと、10年前には子供会があったそうですが、トラブルが生じて消滅してしまった、ということでした。

 

ならば再開させましょうと私が自治会に提案し、私が会長に就任して、子供会が10年ぶりに復活したのでした。

 

自治会役員は年配者ばかりで、当時30代だった私の他は皆還暦を過ぎていました。

 

工場見学の他にも、スポーツ大会、クリスマス会、夏祭りでの店舗運営、などを行いました。

 

LINEでママさん・パパさんのグループを作り、子供会や教育に関する情報交換も行いました。

 

イベント運営は大変でしたが、だんだん手伝ってくれるママさん・パパさんが増えてきて、そして何よりも子供達が笑顔で楽しんでくれるのが、私の喜びでした。

 

子供の笑顔って、本当に大人を癒してくれますよね。

 

子供は社会全体の宝です。

 

f:id:kyooikun:20191031231007j:plain

小さな体に、大きな未来!

 

核家族となってしまった現代、地域をあげて老若男女みんなで、子供達を育成していく必要があるでしょう。

 

そういう意味でも、情報伝達のしやすさは現代は恵まれています。

 

もしかしたら、子供会会長自身が一番、子供会を楽しんでいたかもしれません。

 

しかし、ある時から仕事が急に忙しくなり、サブリーダーに会長をしてもらうことになりました。

 

私はサブリーダーとなり、最前線からは身を引きました。

 

またいつか機会が来れば、子供会の最前線に立って、子供以上に楽しんでしまおうと思っています。