【元子供会会長】きょうい君の教育ブログ!

中1と小5の娘の教育に悪戦苦闘するパパが自由気ままに書き連ねます!

【情報発信を個人でする時代!】CAMPFIRE説明会に参加!

今回は、「我が子よ、個人による情報発信の時代だ、自分が人の役に立てることを、どんどん情報発信していけよ!」という内容でお届けします!

 

 

 

昨日、最近流行りのオンラインサロンを運営するCAMPFIREの説明会に行ってきました。

 

結論としては、オンラインサロンは今以上にどんどん広まっていくことは間違いないと思います。

 

現時点でサロン数は1,500、サロンへの参加者は3万人ですが、もっともっと増えていくことでしょう。

 

なぜかと言うと、理由は2つです。

 

f:id:kyooikun:20191023020006p:plain

手軽に、同じベクトルを持つ人を集められる!

-----------------------------------------------

 

1.人間とはそもそも、人の役に立つことに喜びを見出すから

 

オンラインサロンには、同じ趣味や考え方を持つ人々が集まります。

 

ベクトルが同じ人達なので、集まると大きな力になります。

 

みんなで何かを成し遂げることができます。

 

成し遂げなくとも、有意義な情報交換もできます。

 

そうやって、集まったみんなを喜ばせることができる。

 

サロンの主催者(オーナーと言います)も、参加者(パトロンと言います)も、win-winの関係になれる。

 

つまり、オーナーをすることで、多くの人々を喜ばせることができます。

 

そしてこれにより、自分自身も喜びを感じることができます。

 

これは人間にしかない、高次な価値観です。

 

f:id:kyooikun:20191023020512j:plain

大勢を喜ばせ、自分も楽しむことができる!

-----------------------------------------------

 

2.個人が広く情報発信をすることができる環境が整っているから

 

携帯電話が普及したのは、私が大学卒業間際の頃でした。

 

スマホが普及して、10年ぐらいかな?

 

テクノロジーの発達ってのは本当にスゴいです。

 

スマホを使って、実に多くのことができてしまいます。

 

インターネットが普及するまでは、個人が情報を世界中に発信するなんて、考えられないことでした。

 

それが今や、パソコンやスマホとほんの少しの行動力があれば、同志を集めてグループを結成し、同じベクトルで一つの事を成し遂げたり、双方向で情報交換・情報共有ができる訳です。

 

しかもオーナーは無料でサロンを開設できます。

 

オンラインサロンとはそういう物です。

 

f:id:kyooikun:20191023020730j:plain

環境は整っている、あとは志と勇気だけ!

 

 

 

何が言いたいか。

 

冒頭の言葉の通りです。

 

我が子よ、個人による情報発信の時代だ、自分が人の役に立てることを、どんどん情報発信していけよ!」です。

 

 インターネットが普及する以前は、同志を集める手段なんて狭い範囲に限られていました。

 

近所なら声をかけられるけど、少し離れたらもう電話しかありません。

 

手紙なんてもちろん非効率過ぎる。

 

 それが今や、オンラインサロンのようなツールを使えば、全世界の同志に声をかけ、グループを結成することが容易にできてしまうのです!

 

分かりやすい例が、LINEグループですね。

 

その大型バージョンがオンラインサロン。

 

人を束ねるスキルと度胸があれば、オフ会を企画して、直接つながることもできる。

 

自分の得意なこと・詳しい分野が明確になったら、このようなツールを使ってどんどん情報発信し、人の役に立つことができる。

 

うまくいけば、それが仕事につながるかもしれない。

 

というか、オンラインサロンのようなコミュニティをきっかけにして自分の職業を決めるのが一般的になる社会が近い将来やってくるような気がします。

 

むしろ、そうあってほしい。

 

だって、そうでしょ。

 

自分の適性やスキルなどを深く考えずに就職する人がどれだけ多いか。。。

 

サロン運営ができるということは、そのサロンで必要とされる知識やスキルを持ち合わせているということ

 

しかも、人に言われてやっているのではなく、自分が好きで始めたこと。

 

楽しいに決まってます。

 

楽しんで仕事ができるなんて、最高じゃないですか!

 

仕事って、そうあってほしいですよね。

 

得意で好きな人がその仕事をイキイキとしている。

 

だからお客も楽しい。

 

そんな社会を実現すべく、

 

我が子よ、個人による情報発信の時代だ、自分が人の役に立てることを、どんどん情報発信していけよ!

 

と言いながら、中1の長女には、スマホデビューは高校生になってから!、と言っている きょうい君です。。。 スマホ持たせようかなぁ・・・。