【元子供会会長】きょうい君の教育ブログ!

中1と小5の娘の教育に悪戦苦闘するパパが自由気ままに書き連ねます!

【例えばスーパーでも!】どんなものからでも学べる!

どんなものからでも、「学び」って

 

得られると思うんですよね。


例えばスーパーのレジ。
 
おばちゃんがレジを打っていることが多いのですが、
 
そのお客をさばくスピードは熟練度で
 
かなりの差がつきます。
 
また、商品をカゴに入れる時の工夫にも違いがあります。
 
研修中のおばちゃんは、あまり気にせずに、
 
バーコードを読み取った後の商品をカゴに
 
入れていきますが、熟練おばちゃんはというと、
 
固い物や重い物を下に、軽い物やいたみやすい物を
 
上に置くことを徹底しています。
 
さらに、少しいたんでいる野菜にすぐに気付き、
 
「あ、交換しておきますね」と別の物に替えてくれます。
 
スーパーサイヤ熟練おばちゃんに至っては、
 
ものすごいスピードでバーコードを読み取りながら、
 
常連客と雑談したりもします。
 
おしゃべりしていても、
 
手はキチンと動いているので迷惑にはなりません。
 

f:id:kyooikun:20191019013001j:plain

速いだけじゃない、笑顔の素敵なスーパーサイヤ熟練おばちゃん!
このようなことを、一緒にいたうちの小5の娘に説明すると、
 
「レジの人、スゴイんだね!、あたしもレジの人になりたい!」
 
と言ってきました!
 
「レジの人のお給料は安いぞ、娘よ」と言っておきましたが・・・。
 
その後、買った商品をお手伝いで袋に入れる時、
 
娘も置き方を考えて入れてくれました。
 
学んでいる!、と思い、いつもよりも多めに褒めました。
 
世の中には、レジ打ちやトイレ掃除の仕事を
 
バカにする人がいますが、
 
どんなことでも工夫ができるし、
 
改善の余地があると思うんです。
 
ただなんとなくいつもと同じ仕事をして、
 
ただなんとなく残業をしているビジネスマンも多いと思います。
 
「工夫」については、以下の記事でも書きました。
 

 
我が娘にも、工夫や改善ができる大人に
 
なってほしいと願ってやみません。
 

ポチッとしてもらえると嬉しいです! ランキングに参加中なので。。。

 
贅沢のびるんるん