【元子供会会長】きょうい君の教育ブログ!

中1と小5の娘の教育に悪戦苦闘するパパが自由気ままに書き連ねます!

【将来をイメージさせる!】大人の世界を見せる!

将来何になりたいか?、

勉強しないと将来何に困るか?、

なんて子供には分かりませんよね。

親は心配だからそれを我が子に求めるけど、

当の子供はそれをイメージして理解することができません。

そりゃそーだ、だって、

遠い未来についての情報も経験もないんだから。

イメージしろって言う方が無理でしょう。

私もそのような導きはあまりできていません。

試みたことはあるけど。

じゃあ、どうすればいいか?!

f:id:kyooikun:20191018002408j:plain
情報や経験がなければイメージなどできない!

「生きた情報を与えてイメージさせればいい!」

と思うんですよ。

例えば私は以前、地元自治会の役員会に

当時小3の娘を連れていきました。

毎月開かれる役員会に出席する自治会役員は、

私を除いて全員が還暦を過ぎています。

その中に当時30代の最年少役員の私と

小3の娘が参加したのです。

なぜそんな幼い娘を連れて行ったか?

大人の世界を見せたかったからです。

知らないものはイメージできません。

イメージできれば、その物事に対して

思考することができます。

その思考は子供の血肉になります

f:id:kyooikun:20191018002555p:plain
今すぐに分からなくても、後から分かることもあります!

役員会では、私も含め、積極的に発言・質問する役員と、

逆に一言もしゃべらない役員に分かれます。

終了後に娘に聞きました。

「お話し合い、どうだった?」→「暇だった!」

→「何か思ったことある?」→

「なーんにも話さないおじいちゃんが多かった!」

→「そうだね、そういうおじいちゃんをどう思う?」

→「話せばいいのにぃ〜って思った!」

こんな感じの会話をしたのを覚えています。

会議の内容はもちろん分からないけど、

話す大人と話さない大人がいる、

ということは分かってくれました。

そして、話さない方には不満を持っていました。

その後、娘にはこんな風に言葉を投げかけました。

たくさん勉強してたくさん考えると、

色んな話ができるようになるよ、

逆に勉強したり考えたりしないと、

話さない人になっちゃうぞ!、と。

サラリーマンでは無理ですが、自営業の方であれば、

パパの働く姿を子供に見せるというのは

最高に良いことだと思います。

パパはこういうことをして人の役に立って、

それでお金がもらえて、

そのおかげで自分達はご飯が食べられる。

子供が休みの日に、

ママの家事をすべて手伝わせるのも良いと思います。

家事ってこんなにたくさんやることがあって大変!!!、

と思うと同時に、ママへの感謝の気持ちを持つでしょう。

f:id:kyooikun:20191018003012j:plain
パパの働く姿を見たら、何かを感じ取るはずです!

分かりやすくあえて差別的な表現をします。

工事現場で日雇いで交通整理をしているおじさんを見せ、

長時間の肉体労働の大変さを感じてもらえば良い。

職業を選べないよりも選べる方がいいよね、

まだどんな仕事をしたいか分からないなら、

選べるようになっておこう

そのためには勉強ってどうしても必要だよ、と導く。

その上で、勉強で得られる、以下の記事の4つのポイントを教える。

kyooikun.hatenablog.com


やっぱりこれも、何回も根気よく続けないと

効果が低いでしょう。

でも、大人が思うより子供は大人を見ているし、

感じ取る感性も鋭いと思います。

この辺りのことも、

引き続き我が子に実践してまた報告しますね!

ポチッとしてもらえると嬉しいです! ランキングに参加中なので。。。


贅沢のびるんるん