【元子供会会長】きょうい君の教育ブログ!

中1と小5の娘の教育に悪戦苦闘するパパが自由気ままに書き連ねます!

【座右の銘!】みんなちがってみんないい!

私の座右の銘を紹介したいと思います。

【みんなちがってみんないい】

これは、金子みすずさんの詩です。大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した童謡詩人です。

近年、「多様性」や「ダイバシティー(diversity)」とよく言われます。世の中にはいろんな人がいる。性別・年齢・国籍なども違うし、価値観やライフスタイルも違う。そこに、良い・悪いはない

f:id:kyooikun:20191016125440j:plain

特に現代は瞬時に世界につながることができる!

小5の次女のクラスにアメリカ人のルビーちゃんという女の子がいます。金髪で青い目をしています。次女はよく、「今日もルビーちゃんと遊んだよ~」と元気よく教えてくれます。「ルビーちゃんがね、木に登って危なかったからね、ルビーちゃん、ノーノー!、って注意したんだよ!」なんてことも言っていました。

明らかに見た目が日本人と違う異国の少女と仲良く遊んでいる我が子を、親バカな私は微笑ましく思い、誇りに思います。イジメもないそうで、ルビーちゃんは明るく過ごしているようです。

先ほどの言葉は、この詩の一部です。

f:id:kyooikun:20191016125038g:plain

この詩を初めて読んだ瞬間、私の座右の銘になりました!

いつもこの詩を読むと、心がホッコリして、思わず涙ぐんでしまいます。。。

見た目は違っても、テストの点数が高くても低くても、運動ができてもできなくても、友達が多くても少なくても、家が裕福でもそうでなくても、みんなそれぞれ一生懸命に生きている。みんなちがってみんないい。

もちろん、うちの2人の娘にもこの詩を何回も聞かせています。

 

↓ポチッとしてもらえると嬉しいです! ランキングに参加中なので。。。

 

GIQ子ども能力遺伝子検査