【元子供会会長】きょうい君の教育ブログ!

中1と小5の娘の教育に悪戦苦闘するパパが自由気ままに書き連ねます!

【ダメって言ったらダメ!】コミュニケーションとれてますか?

 

f:id:kyooikun:20191012223542p:plain

親が適切に導けば、子供はちゃんと考えるものです!

 

育児は大変です。育児ママは忙しい。

 

育児、家事、仕事・・・。

 

ただ、その忙しい中でも

 

気を付けてもらいたいことがあります。

 

 

 

「ママ、〇〇はどうしてダメなの?」

 

→「ダメって言ったらダメ!」

 

育児あるあるですよね。

 

これだと子供の考える機会を奪ってしまいます。

 

そして、これを長く続けていると、

 

子供は聞くのをあきらめて

 

自分の殻に閉じこもっていきます。

 

だって、聞いても教えてもらえないんだから。

 

じゃあどうしたら良いか?

 

林修先生の登場です。

 


林修 子供の「なぜ?」を受け入れる事の重要性

 

「どうしてだと思う?」って聞き返してやれば、

 

子供は自分で考えます。

 

ものを考える習慣をつけられます。

 

そしてたくさん話すことです。

 

話すことで頭の回転も鍛えられます。

 

さらに、大好きなママとの

 

貴重な触れ合いの機会にもなりますよね。