【元子供会会長】きょうい君の教育ブログ!

中1と小5の娘の教育に悪戦苦闘するパパが自由気ままに書き連ねます!

その涙が証拠だ!

市内体育祭という運動会が今日あり、次女の応援に行ってきました。
あるママ友が彼女の娘の100メートル走をビデオ撮影していました。
その子は懸命に走っています。あっ、転んだ・・・!
その子はビリになってしまいました。
レース後、その子はお母さんに抱きついて泣いていました。
その後、うちの娘の2位を見届けて、私は用事があったので帰りました。
転んだその子のことがどうしても気になっていたので、ママ友にLINEを送りました。
「お疲れ様! 転んだのは、一生懸命走ったからだ!😃」と。
すると、「わざわざお気遣いLINEありがとうございます! はらちゃんの優しさにほっこりしました」と返信がありました。
普段私はハラチャンと呼ばれています。
チンタラ走ってたら、転んでも泣かないと思うんですよね。
一生懸命走ったからこそ、悔しくて悔しくて泣いてしまった。
我が子にも、何でも全力投球する、素直な子に育ってほしいと思った一件でした!